取扱業務

交通事故問題

不慮の交通事故により後遺症を負い、思いもよらない悩みや苦しみの中で生きていかなければならないことがあります。当事務所では代表 小林が、自らの交通事故被害経験を踏まえ、悩みや苦しみを抱いている方々に寄り添い、依頼者の方と同じ目線に立った対応をお約束します。

重点取扱案件 示談交渉/後遺障害等級認定/損害賠償請求/自賠責保険金の請求/交通事故裁判

こんなお悩みありませんか?

  • 怪我で仕事ができず生活に困っている
  • 過失割合や保険会社の提示額が妥当か知りたい
  • 後遺症が残ってしまい、事故前の給料をもらえなくなった
  • 保険会社の話に納得ができない
  • 治療の打ち切りと示談を迫られているが、示談金に納得がいかない など

一つでも当てはまるものがありましたら、なるべくお早めにご相談ください。

相続問題

相続とは、亡くなった方の財産を受け継ぐこと。身近な方が亡くなったときに、必ずといっていいほど出てくる言葉です。例えば両親が亡くなった後、成人した子どもたちが遺産について話し合う際には、トラブルの発生したり、紛争が長期化するケースも少なくありません。「そんな争いはしてほしくない」という方は、生前に遺言を作成することをおすすめいたします。

遺言

ご自身の財産を、誰に相続させるのが望ましいのか。被相続人の意思を明確に伝えるために「遺言」を残すことは、とても重要です。 遺言を残すことは、将来の「相続」が「争族」とならないために、残された家族に対する思いやりとして、大切なことです。
当事務所では、公正証書遺言の作成サポートをさせていただきます。

※遺言には、下記3種類があります。

自筆証書遺言 自分で作成するので費用はかかりませんが、法的要件を具備していない場合には無効となることもあります。発見時には、家庭裁判所の検認を受ける必要があります。
公正証書遺言 費用はかかりますが、公証人が作成するので法的に問題になることはありません。公証役場に保管するので偽造、変造の心配もありません。家庭裁判所の検認も不要です。
秘密証書遺言 遺言内容の秘密は保たれますが、費用がかかり、検認も必要なことなどから使われることは少ないようです。

遺産分割協議書

遺言書がなかった場合、相続人が相続分にしたがって財産を受け継ぎ、共有することになります。しかし、相続人の全員が合意の上、その内容を記載した書面(遺産分割協議書といいます)に記名捺印すれば、特定の財産を相続人の誰が受け継ぐかを決めることもできます。 「遺産分割協議書」は、後に争いにならないために分け方を決めることです。不動産の名義変更手続きを行う際にも、遺産分割協議書が必要となります。

相続放棄

亡くなられたご家族に借金などの債務があった場合、相続放棄の申述をすることで借金を相続しなくて済みます。 ただし、相続放棄をしますとプラスの財産も相続することができません。相続放棄の申述は家庭裁判所にて手続きを行いますが、期限等の条件がありますのでお早めにご相談されることをお勧めします。

離婚問題

現在は、3組に1組の夫婦が離婚する時代だと言われています。夫婦間の問題は話し合いを行い解決できればそれに越したことはありませんが、価値観の違いなどから、話し合いがままならないという場合も多いのではないでしょうか。また、親や兄弟、友人にも相談しにくく、一人で抱え込んでしまうというケースも多々あります。離婚の決断ができず悩んでいる、毎日もやもやした気分で辛い…など、お悩みがありましたら何でもご相談ください。本当に離婚をすべきなのか、離婚をする場合には何から始めるべきなのかなど、お客様の状況に合わせ、的確な解決策をご提示いたします。
子供の親権や面接交渉権、養育費の問題、結婚生活で築いた財産の分与、慰謝料のことなど、後になって様々なトラブルが発生することがないよう、離婚協議書の作成もお手伝いさせていただきます。

男女問題

配偶者の浮気や不倫、別れ話についてなどは、個人的な問題なので、自分たちで解決しなければと思う方が多いのではないでしょうか。しかし、当事者間でやり取りをしたことで、問題がさらに複雑になってしまった…というケースも多々あります。デリケートな問題も多く、他人に相談しにくいと思う場合があるかもしれませんが、ぜひ勇気を出して一度ご相談ください。専門家ならではのご提案で、浮気や婚約破棄、ストーカーなど幅広い男女問題の解決をサポートいたします。

※慰謝料請求についても相談可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

借金問題

「払いすぎてしまった利息を返してほしい(過払い金を請求したい)」「出費が多く、住宅ローンの返済に回すお金がない」「収入がなくなり、借金返済ができなくなってしまった」など、お困りの際はまず当事務所へご相談ください。ご相談いただく時期が早ければ早いほど、お客様に有利になる確率が高くなります。「借金問題」と一口に言っても、お客様の状況や適切な解決策は様々です。当事務所は豊富な経験を活かし、最適な解決策をご提案いたします。

※「返済額の減額交渉を行う」「破産などの法的手続き(裁判所への申し立て)を行う」のいずれかを決断し、交渉・手続きを代行いたします。

その他のご相談もお気軽に

上記以外の問題に関するご相談も承ります。ぜひお気軽にお問い合わせください。

TEL:078-912-0756 
メールフォームはこちら

あんぎゃ法律事務所

〒673-0892
兵庫県明石市本町1丁目6-11
オーナーズオフィス明石8階
TEL:078-912-0756 
FAX:078-912-0757
[ご相談受付時間] 【平日】9:00~24:00
【土日祝】9:00~20:00